肩やられた・・・。無理な練習はしない。使えるものは使おう。

wpid-wp-1435931374178.jpeg

※画像はイメージです。
当日の写真ではありません。

会社帰りにパークで練習するつもりでスケボー用品を持って会社に行ったのに、うっかりジーンズで出勤してしまったので結局一度自宅に帰って自宅から近い方のパークHi-5に行った いしかわです。こんにちは。

※ジーンズは夏は暑くてやってられないしプロテクターもズボンの上から付けないといけないからフィット感とかプロテクターのゴムが伸びそうとか…

パークに着いたらのお客さんが一人もいなくて使い放題!

うぉー、来てよかったーと思いながら久しぶりにランプでアクセルストールの練習を開始して・・・

右肩やられました…orz

コーピングから降りる所で何度か失敗して、頭から落ちるので手を付いた時にその衝撃で肩の関節やられた感じ・・・。

30分も経たずに無念の撤収。

イタイ。マジイタイ。
;w;

手をついて衝撃で肩を痛めるのはよくある...

手をついて衝撃で肩を痛めるのはよくある…

あるものは使え

Hi-5の一番低いミニランプには初心者用に天井からロープがあって、まぁロープに捕まってやれば別に失敗しても頭から落ちる事なんてないわけですよ。

でも、でも、なんかこうさ、ロープに頼ってるとどこかに気の緩みが出るから上達が遅いんじゃないかとか、ロープがあってこそ出来てるのに、自分は出来てると勘違いしてしまうんじゃないかとか、ロープなんざゆとりの使うものだとか、つまるところ、上達を妨げる部分もあるのかなと思ってたのですが・・・

怪我して練習出来ない期間ができる方がよっぽど上達の妨げです…

練習開始早々は無理しない。ゆっくり慣らす。

コーピングから降りるところは前回の練習でも結構余裕で怖くなかったけれど、今回は失敗を連発して逆に恐怖心がちょっとついてしまったかも。

いつもと違うパークなのでミニランプのRの違いによる感覚のズレとか、ウォームアップ不足なのにいきなりメイク率が低い事をやろうとしてしまってたのが大きな間違いだったと思う。

練習中のトリックをする前には、既に出来るトリックでしっかり慣らしてからやらないと怪我の元ですね。

あと、足の準備運動はよくしてるけど、肩もしっかり回しておけばもしかしたら症状もっと軽かったかな・・・

とりあえずみなさんも無理しないように練習しましょう(=w=;

更新をお届け!

この記事を書いた人

ヒデ
ヒデスケート歴約1年半
40歳になって真面目にスケートをはじめた中年スケーターの イシカワ ヒデカズ です。子供と一緒にスケボーしてます。
長男:じょにー(6歳)
次男:じょに次郎(4歳)

このブログのテンプレートを販売開始しました。

ええと、わたくし本職はウェブ制作者なのですが、このブログで適用してるWordPress用のテーマの拡張プラグインを販売開始しました。

もしこのブログの読者さんで、ブログやウェブサイト制作やってるよという方がいらっしゃいましたらご検討ください。

※イベント管理機能などは含まれておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。