はじめてのスケート用品選び – ベアリング&デッキテープ&ビス –

デッキの選び方」「トラックの選び方」「ウィール」と来たので残りのパーツ選びです。

ベアリング

スケートボードで使用するベアリングは8個セットで販売されています。ベアリングにはABECという規格があって、数字が大きい方がよく回ります。

他のHowToサイトなどでは「初心者はABEC3かABEC5」と書かれている事が多いですが、自分としてはやはりある程度滑らないと楽しくないと思うので、ABEC3は無いかな。ABEC5かABEC7くらいがいいと思います。滑ると言っても最初はプッシュやチクタク程度ですし、滑り具合はすぐ馴れます。

あるいはABEC規格ではないのですが、BONES REDSが信頼性もあってメジャーで価格も1400円前後とお手軽なのでおすすめです。
(滑り具合はABEC7と同じかちょい上くらいの感覚)

BONES REDS ベアリング

BONES REDS ベアリング

参考

デッキテープ

デッキの上に貼る滑り止めのテープです。紙やすりを貼り付けると思って貰えればよいと思います。無地だと概ね1,000円前後です。無地を使用している人が多いですが、無地だと前後ろがわかりにくいので、プリントされているデッキテープを使用している人も増えていますが、プリントモノはその分値段が高く1200円〜2500円程度です。

GRIZZLYのデッキテープ

GRIZZLYのデッキテープ

ただし、グラフィックがあるデッキテープの場合、デッキに貼る時にズレないように貼るのが難しくなります。

最近パークやInstagramで女の子がピンク色のデッキテープや花柄のデッキテープを使っているのを見かけました。ちょっと探しても見つけられなかったのですが、そういった女の子向けのかわいらしいものもあるようです。

デッキテープの貼り方については YOUTUBEで「デッキテープ  貼り方」とかで検索すると解説動画がいろいろ出てきます。

参考

ビス

デッキとトラックを連結するビスです。スケート用は概ね8個セットで500円〜800円くらいで販売されてます。緑や青などの色付きもあります。

色付きもあります

色付きもあります

デッキの前後ろがわかりやすいように違う色のネジを使ったりする人もいます。

まとめ

さて、今まで見てきたのをざっくり合計すると・・・

デッキ 5000
トラック 5000
ウィール 3200
ベアリング 1400
デッキテープ 1000
ビス 600
合計 16200

くらいですかね。まだスケボーを買っていない人は、ぜひ一緒に滑れるのを楽しみにしています!

更新をお届け!

この記事を書いた人

ヒデ
ヒデスケート歴約1年半
40歳になって真面目にスケートをはじめた中年スケーターの イシカワ ヒデカズ です。子供と一緒にスケボーしてます。
長男:じょにー(6歳)
次男:じょに次郎(4歳)

このブログのテンプレートを販売開始しました。

ええと、わたくし本職はウェブ制作者なのですが、このブログで適用してるWordPress用のテーマの拡張プラグインを販売開始しました。

もしこのブログの読者さんで、ブログやウェブサイト制作やってるよという方がいらっしゃいましたらご検討ください。

※イベント管理機能などは含まれておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。