アクスル(トラックの軸)のズレ問題とズレの修復

はい、毎度どうも、おっさんスケーターのいしかわでございます。

今回はちょっと気になっている事があるので、ご意見伺えればと思ってます。

ウィールを留めるアクスルナットを締める時、左右でアクスル(軸)の余りが左右で違うんですよね。

で、出てる方は問題無いんですけど、足りない方はナットへのかかりが浅いので、この状態だとアクスルナットがすぐに緩んでしまう。

トラックのアクスル

これは困ったなぁ・・・と思ってたわけです。

軸が動いてる?

で、先週若宮でオーリー練習してた時に失敗して、デッキが横に立った状態で僕が上からデッキ(あるいはウィール)を踏みつけた形になってしまい、それで片方のウィールの回りが極端に悪くなった。

回りが悪くなった方はアクスルナットが締まっていて、反対側は逆に遊びができた。

いつもなら、まぁここで締まってた方のナットを緩めて、緩んだ方を締めるんですけど、これ、ナットが締まったり緩んだりしたわけじゃなくてアクスルがズレたのね。

なので、アクスルナットを締めるのに軸が足りないのは、軸がズレてしまってるんだなと。

なので、緩んだ方(軸が出っ張っている方)を路面にガツン!と打ち付けたら、軸が少し戻りました。

とりあえず「練習する前はウィール4つとも滑らかに回ってたのに、気がついたら回りの悪いウィールがある」という状態は、ナットが締まったんじゃなくて、アクスルがズレたんだという事はわかりました。

もっと大事にアクセルを戻そう

で、出っ張っている方を打ち付ければまぁ引っ込められるけど、それだと傷みそうなので、ナットを締めて、そこから更に締め上げればアクセル(軸)を引っ張り出せる。

ただ、そのままやるとベアリングが痛むので、回りの悪くなった捨ててもいいベアリングで、ベアリングの間にはスペーサーを入れた状態でやる方がいいと思います。

そもそもズレるもんなの?

で、疑問なのは、これってよくある事なんですかね?

特にフリースタイルのトリック練習する人は、失敗した時に斜めになったデッキを踏みつける事って普通によくあるんじゃないかなと思いますけど、アクスルってズレます?

僕が使っているトラックは、何せ20年近く前に買ったベンチャーの年代物なので、僕のトラックだけの現象なの?

モデルに関わらず使ってると同じような症状が出てくるもの?

それとも今どきのトラックはそんなふうにならない?

教えて!

更新をお届け!

この記事を書いた人

ヒデ
ヒデスケート歴約1年半
40歳になって真面目にスケートをはじめた中年スケーターの イシカワ ヒデカズ です。子供と一緒にスケボーしてます。
長男:じょにー(6歳)
次男:じょに次郎(4歳)

このブログのテンプレートを販売開始しました。

ええと、わたくし本職はウェブ制作者なのですが、このブログで適用してるWordPress用のテーマの拡張プラグインを販売開始しました。

もしこのブログの読者さんで、ブログやウェブサイト制作やってるよという方がいらっしゃいましたらご検討ください。

※イベント管理機能などは含まれておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。