大会出場で得たもの、失ったもの

先日は無事じょに次郎さんのデビュー戦が終わったわけですが、その前後で思った事を書いておきたいと思います。

得たもの

一番大きかったのはじょに次郎が 新しい事は簡単には出来ないけどやれば出来るようになって、出来るようになると楽しいという事を体験出来た事だと思う。

じょに次郎はとにかくすぐ拗ねる。アクセルストールなんてそう簡単に出来ないのに、数回挑戦して出来なかっただけで拗ねてた・・・。

そんな簡単にできねーよ・・・(=w=;

だから出来ないのなんて当たり前だからいちいちイジケないで気にせずにどんどん失敗して、みんなそうやって出来るようになってるんだって事を繰り返し言って、アクセルストールが出来るようになった。

出来ない事はこうやって出来るようになる、出来るようになる事はこんなに楽しく、こうやって次の世界が見えてくるという事を体験出来た事は非常に大きな収穫だったと思います。

失ったもの

じょに次郎が週4くらいで練習するなか、何も練習しなかったじょにーさんは追いつかれ追い越される結果に。

そうなると、じょにーにとっては じょに次郎と一緒に練習に行くと、

「おにーちゃんまだアクセルストールできないのー?」
「アクセルストールはこうやってやるんだよ。」
「アクセルストールできないくせに!」

とかいう展開になる事が容易に予想出来るので、余計一緒に練習したくないのだろう。

本人曰く「やらされてる感」もあるらしい。

じょに次郎のやる気に反比例してじょにーのやる気が削がれる形になってしまったのは痛恨の極み。

今後じょに次郎の練習時間が増えれば、僕が次郎と一緒にいる時間は増えるけど、じょにーと一緒にいる時間が減ってしまうのもいろいろ良くない。

何より2年がかりで少しずつやらせていたのに乗らなくなってしまっては本当に残念。

あとね、じょに次郎ばっかりになると、メリハリが無いのよ!

じょにーは別に上手くなくても何かやらかしてくれたり、じょにーとじょに次郎のやりとりが面白かったのに、それが無くなるとどうしても単調になってしまう。

と、思いきや・・・

じょにーさん乗ってくれたヽ(・∀・)ノ

じょに次郎さんが行かないと言ったので、じょにーが行ってくれました。

適当にボールの中をテクテク流すだけですけど父は満足です。

そして木曜日、じょに次郎の練習日ですが…

寝てて起きない…(=w=;

じょに次郎…

ぜんぜん火が付いない…orz

一方じょにーさん…

意外と再び練習に行ってくれました。

とりあえず、友達にドヤりやすいフリースタイルとかの方がいいのかなぁとか思いつつ…

うむ、選手も実況も酷いw

ちなみに元ネタというか理想はこれ…

そんなわけで じょにーさん、辞めずに地味に続けて欲しいと思います!

更新をお届け!

この記事を書いた人

ヒデ
ヒデスケート歴約2年
40歳になって真面目にスケートをはじめた中年スケーターの イシカワ ヒデカズ です。子供と一緒にスケボーしてます。
長男:じょにー(7歳)
次男:じょに次郎(5歳)

[PR] VANSのラインナップをチェック!

シンプルでどんな服装にも似合うスタイルと、その履き心地、グリップ力、ブランドの歴史など、全てが魅力的でスケートボーダーに絶大な人気を誇るVANSのスニーカー。

シンプルなだけではなく、様々な柄やキャラクターとのコラボレーションモデルも多彩。

スケーターなら必ず1足は持っていると言っても過言ではない定番ブランドです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。