トラックの選び方

VENTURE トラック

はい、前回のデッキに続いて、今回はトラックについてです。

トラックはデッキ(板)の下に付く金具です。スケートの部品の中ではこれが最も耐久性が高い=長く使うので重要です。

高さがHiとLoの2種類ある

トラックには高さが2種類あります。Hiだと地面からデッキ距離が高くなります。
とは言っても大体5mm程度の違いなので、ぱっと見ではわかりにくいです。

Lo

Loのトラックはデッキの位置が低く、安定しやすいので、初心者にはLoから勧められる場合が多いです。ただし、Loのトラックで直径の大きいウィールを取り付けるとデッキを傾けた時にウィールがデッキに当たる『ウィールバイト』という状態になって、ブレーキがかかってしまうため、トラックがLoの場合はウィールは53mmくらいが限界です。但し、デッキとトラックの間にライザーパッドというスペーサーのようなものを挟む事によって、Loのトラックでも大きめのウィールを付ける事が出来るようにはなります。

Hi

トラックの軸とデッキの距離が広くなるので、大きめのウィール(タイヤ)を付ける事が出来ます。また、オーリーで”高く”飛べるようになるのもHiです。ランプを滑る場合では、ストリートやフラットと違って途中でプッシュしたりはしないので、スピードが出る大きめのウィールを付けるのが主流です。ランプ主体で行くならHiになりますが…まぁランプでガンガン滑れるようになるにはそれなりに時間がかかるので、数カ月後にトラックを買い換える経済力があるなら最初はLoのトラックの方が良いのではないかなと思います。

サイズに気をつける

HiかLoかは間違って買っても乗れますが、デッキのサイズ(幅)に合っていないトラックを買ってしまうと、デッキからウィールがはみ出したり、逆にデッキの内側にウィールが入り込んだりするので、デッキを横に立ててその上に乗るトリックなどが出来なくなります。それ以前に見た目がかっこ悪いですよね…

ただ、このトラックのサイズはブランドによって数字の基準が違うので気をつけてください。

デッキサイズ VENTURE THUNDER INDEPENDENT
7.3〜7.85 5.0 145 129
7.75〜8.25 5.25 147 139

トラックのブランド

トラックは耐久性が高く長く使うので、最初からメジャーなブランドにしておきたい部品です。

トラックでメジャーなブランドとなると「VENTURE(ベンチャー)」「THUNDER(サンダー)」「INDEPENDENT(通称インディー)」が定番。

最も初心者向きと言われるのがVENTUREです。初心者でも乗りやすいトラックとしては必ず名前が出てくる有名ブランドです。

ただ、メーカーによってそれぞれ特徴があり、「ベンチャー」は安定感があって乗りやすいけれど曲がりにくくストリート向き。

パークやランプ主体で滑るなら曲がりやすい「インディー」か「サンダー」と言われます。

曲がり具合としては

インディー > サンダー > ベンチャー

という感じです。

ただ、ランプも最初は前後に移動する練習からなので、横に曲がってしまうとやりにくいので、お金に余裕があればベンチャーでスタートして後からインディーに変えるのもあり。

あるいは、インディーかサンダーを買いつつ、軸にあるゴムのブッシュも売っているので、これを硬いものに変えると安定性は増します(その分曲がりにくくなります)。

あと、トラックは昔はHiもLoも無かったのが、ベンチャーは最初のモデルが低めだった為に後からHiを、インディーは最初のモデルが高めだったので後からLoを販売していますので、本当の乗り味はベンチャーならLo、インディーならHiとも言われています。

まぁ…どうでしょうね…ランプならHiでインディーになる所ですが、初心者としては乗りやすくてあえて曲がらないベンチャーLoかな。ちなみに自分が使っているのもベンチャーのLoです。

ランプがやりたい & 運動神経に自信がある or 後からトラックを買い換えるお金が厳しい という場合は最初からインディーHiでそれ以外はベンチャーLoがいいのかなと思います。

あと、同じメーカーでの値段の違いは重さの違いと思えば良いです。概ね値段が高い方が軽いです。軽い方が高く飛んだり、回したりしやすいです。

しかし、個人的には 「アイテムの重量の差がトリックの決定的な差でない事を証明してやる(結構決定的な差ですけど)!」と言う気合で、重めのアイテムを使うのもありだと思います。最初は違いわかりませんよ。ホントに。

更新をお届け!

この記事を書いた人

ヒデ
ヒデスケート歴約2年
40歳になって真面目にスケートをはじめた中年スケーターの イシカワ ヒデカズ です。子供と一緒にスケボーしてます。
長男:じょにー(7歳)
次男:じょに次郎(5歳)

スケーターの友達や子供へのプレゼントにいかがですか?

このウェブサイトの『HOW TO』で活躍している『紐スケーター君』のオリジナルグッズが登場!

受注生産ですのでちょっとお値段が高いですが、スケーターの友達や子供へのプレゼントにもお勧めです!

トラックの選び方” に対して 5 件のコメントがあります

  1. skål より:

    7.8のデッキには5.0か5.2どちらが適正でしょうか、いろんなサイトを見るとサイズ感がバラバラで困ってます。

    1. ヒデ より:

      う〜ん、確かに迷うラインではありますが…。僕としてはデッキが7.8ならトラックは5.0を選びます。
      あとは自分が今後フリップ系のトリックを重視していくなら今後7.8より細いデッキを使っていく可能性が高いので5.0。
      ボウルとか安定性重視のスタイルなら今後もっと幅が広いデッキを使う事を想定して5.2ですかねぇ…。

      1. skål より:

        すいません返信遅れました、参考にしたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。