子供のモチベーションを如何に保つか?

20150514_og

前々回のスクールでチクタクを教えて貰いつつも練習してないから前回のスクールでも殆ど進まないという結果に終わったじょにー。

でも、スクールで知り合ったお友達の存在か、THE DOG BOWL NAGOYA の先生に褒めて貰いたいのか、はたまた少しずつ乗れるようになって楽しいのか、最近は少しずつだけれど練習意欲出ているように思う。

そんな感じで、チクタクを練習するも・・・前には進めず・・・

「できないーっ!!ヽ(`Д´)ノ」

と拗ねてしまった・・・

できないって、あなたね、拗ねる前にもうちょっと練習しようよ。もう少し繰り返せばちょっとずつ進むから…

そんな感じだったので、

「顔は進む方を向いて、前足は身体の前後に蹴る感じで〜・・・」

と言って、実はこんなに進むんだよという事を見せる為に全速チクタク!!

どやぁ!!

 

「もぅ!!そんなふうに出来ないーーっ!!ヽ(`Д´)ノ」

・・・orz

余計拗ねてしまった・・・

むずかしいわ…。

自分としては「練習すればこんなに進むようになるよ!」という夢を与えようと思ったつもりが、

僕 「どやぁ!」
じょにー 「自慢うざ…」

という形になってしまいました。とりあえず拗ねてる時にドヤってはいけない事はわかりました…。

あとは、結局上手くフォロー出来なかったけれど、拗ねたまま終わるとたぶん良くないから、スネたら

「そうじゃない!そこは “とうちゃんすげー!!” でしょ!
はい一緒に、とうちゃんすげー!(笑うようにへんなポーズを取る)
はいもう一回、とうちゃんすげー!(笑うようにへんなポーズを取る)」

みたいな感じで、とりあえず笑わせて、練習に対して楽しいイメージで終わらせた方がいいんだろうなと思いました。

日々試行錯誤です…

おまけ1

回れるようにはなってきたみたい

チクタクが無理なら…という事でとりあえずフロントサイドに回ってみる練習を薦めたら、これは出来るっぽい。

でも、「じゃぁ今度は後ろの方に回ってみて」って言ったら 「えー、そんなのむり^^」 と言われてしまいました…

おまけ2

幼児の発想はフリーダム

じょに次郎曰く ひこうき だそうです…

よく思いつきますわ…

さて、多分今日は注文してあったソフトウィールが届く筈なので楽しみ!

更新をお届け!

この記事を書いた人

ヒデ
ヒデスケート歴約1年半
40歳になって真面目にスケートをはじめた中年スケーターの イシカワ ヒデカズ です。子供と一緒にスケボーしてます。
長男:じょにー(6歳)
次男:じょに次郎(4歳)

このブログのテンプレートを販売開始しました。

ええと、わたくし本職はウェブ制作者なのですが、このブログで適用してるWordPress用のテーマの拡張プラグインを販売開始しました。

もしこのブログの読者さんで、ブログやウェブサイト制作やってるよという方がいらっしゃいましたらご検討ください。

※イベント管理機能などは含まれておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。