おっさんに厳しいオーリー

はい、仕事が壊滅的に遅れている今日この頃、いかがお滑りでしょうか?おっさんスケーターのヒデでございます。

さてさて、既に過去のブログでも少し書きましたが、春からオーリーの練習再開してまして、昨年初夏以来の組コーンを4月にまぐれメイクしまして….

で、まぁみなさん既にお察しの通りじょにー兄弟はもう平日の夜にスケートパーク行ったりとかほぼないので、5月は平日の夜に2回くらい若宮スケートパーク行って、最後に若宮行った時に微妙に浅い組みコーン3回、ちゃんと組んだコーン1回メイク。

とは言え若宮もそんなに頻繁には行けないし、でもせっかくオーリー感覚ついてきてるしな〜と思って5月末に自宅前のアスファルトで…

キタ━(゚∀゚)━!!

って…喜んでたんだけど、スローで見たら全然テール上がってなくて、コーンに当たってるけどコーンが倒れなかっただけやん…(=w=;

まぁアスファルトだからテールのハジキが悪いのと、前足の摺り足が遅いのと両方ですね。

組コーンオーリー

そうは言っても一応 組コーン越えたから、越えれてない今までよりは成長したと言えるのかな。

おっさんに厳しいオーリー

オーリー難しいですよね。何が難しいって微妙な感覚だから、結構な頻度で練習しないと次練習する時に出来なくなってる。

これがおっさんには辛い。

僕みたいにほぼ週末だけとかのスケーターで、週末滑れない時があったり、滑れてもランプだけになっちゃったりすると2週間空くのとかザラになっちゃって、それだと感覚取り戻すだけで1時間くらいかかって上達どころじゃないもんね(=w=;

「いや、オーリーの練習なんて家の前でも出来るんだからやる気の問題じゃね?」

って言われると…

まぁ…

すみませんとしか言えないんですけど…

コツコツコツコツ

そんなおっさん(43歳)ですが、苦節3年3ヶ月、ようやく組コーンもたまーにメイク出来るようになりました。

以前はデッキを立てたのを跳ぶのもまぐれレベルでしか出来なかったのが、今はデッキを立てたのを跳ぶのは怖くない。

それと同じであんなに高いと思ってた組コーンも少しずつ高さに慣れてきた。
※高さに慣れただけでメイクするのに慣れたわけではない…。

そうやってまぁ少しずつ「まぐれ」を「出来る」に引き続き変えていきたいなと思います。

暑いですけど頑張っていきましょー。

 

更新をお届け!

この記事を書いた人

ヒデ
ヒデスケート歴約3年
40歳からスケートをはじめた中年スケーターの イシカワ ヒデカズ です。子供と一緒にスケボーしてます。
長男:じょにー(8歳)
次男:じょに次郎(6歳)

[PR] Pennyのラインナップをチェック!

小さくて持ち運びしやすく、カラフルでオシャレなので大人気のペニー。トラックやウィールもカラフルなものばかり!
ショートやロングボード乗っている人も是非持っておきたいスケートボード。

2 thoughts on “おっさんに厳しいオーリー

  1. ケンゴ より:

    僕も40過ぎからスケボー始めた46歳のおっさんです。
    住んでいるのが大阪ですが
    いつか一緒に滑れたらいいですね!
    楽しみながらスケートしましょう!

  2. skatetrooper より:

    僕も45歳でスケボー始めた46才、伊丹在住です。この年代でスケボーしてる人がいて勇気づけられます。スケボーって楽しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。