4月後半ハイライト

さて、全然更新できてなくてすみません…。

一個一個今更書こうとすると心が折れるのでまとめていきます(・w・;

組コーン9ヶ月ぶりゲット

久しぶりにチマチマオーリ練習してるので組コーントライ。

なんか一番低いポイントでギリギリだけど一応跳べました(汗

ロックンロールのススメ

とりあえず前回 ↓ のようにフェイキースミスからのフェイキーアウトを出来たわけですが…

やっぱりここから更にもう半回転入れた方がかっこいいよね!
って思って前回もロックンロールだけは練習して、単発ではメイク出来てたけど、他のトリックとのあわせ技は出来てなかったんですよねー。

前向きじゃなかったロックンロール

ロックンロールって、浅くコーピングに掛ける(コーピングがフロントのトラック付近の状態から回す)のと、深く刺す(コーピングがリアのトラック付近の状態から回す)のと2パターンあるけど、深く刺すのは怖いんですよねー。

深く刺す方が浅く掛けるのより数段難しい。

そしてロックンロールってうまくやらないと失速しちゃって次のトリックにスムーズに繋げにくい。

だから「まぁいいか」と思ってずっと練習してなかったのです。

デッキを回す前に身体は回す / 身体は後ろ重心 / 腰を低く

と、いうわけで、今までずっと避けてたロックンロールだけどフェイキースミスとの合わせ技がしたいので挑戦。

何度か失敗しつつ…

キタ━(゚∀゚)━!!

すごい!それっぽいぞ!

ちょっとわかってきた。

  • デッキ回す前に身体を完全にまわしておく
  • 後ろ重心を意識(前のめりになると頭から落ちる)
  • 腰を落として重心を低く(同じく重心が高いと頭から落ちやすい)
  • 軸足をコンパクトに引く?

みたいな事を意識したらだいぶいけるようになってきた。
※個人差があります。あくまで僕の感覚なので基本のやりかたと違う事があります。

ブラント to ロックンロール

最後にロックンロール入れるのっていろんなトリックに合わせられるんですよねー。

これもいけるんじゃね?

うぇーい!
ヽ(・∀・)ノ

うんうん、いけるやん。

でもたまにしかメイク出来ないから引き続き頑張っていきます(・w・b

フェイキースミス to テールリバート

テールリバート、少し速く繋げれるようになった。

わいわいやれるDrivE素敵

じょにーさんと次郎さん、最近はすっかりスケボースイッチが切れてたまにしか滑ってくれないけど、DrivEだと同年代の子とわいわい長時間楽しめて助かる。

DrivEの何か優れてるかって休憩ポイントが限られてて距離が近いので、大人も子供も自然と会話が生まれてすぐに繋がっていくんですよ。本当にありがたい。

レールにトライ

少しオーリー慣れてきたのでレールにもトライ

おぉぉぉ!

このレール(?)、低くて幅があるからすごくやりやすい!

少しずつレールやカーブボックスもやれるようにならないとなー。

そんな感じの4月でしたー。

 

 

更新をお届け!

この記事を書いた人

ヒデ
ヒデスケート歴約3年
40歳からスケートをはじめた中年スケーターの イシカワ ヒデカズ です。子供と一緒にスケボーしてます。
長男:じょにー(8歳)
次男:じょに次郎(6歳)

スケーターの友達や子供へのプレゼントにいかがですか?

このウェブサイトの『HOW TO』で活躍している『紐スケーター君』のオリジナルグッズが登場!

受注生産ですのでちょっとお値段が高いですが、スケーターの友達や子供へのプレゼントにもお勧めです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。