FunRideCup 3位入賞!

2月25日(日)は春日井市の DrivE Skate Park で開催された FunRideCupに出場してきました!

行くぜ!チームイシカワファミリー!

まずですね、じょにー兄弟に対しては、昔に比べてそんなに無理やりスケボーやらせなくていいかなって気になってます。上手くなる子のスケボーとの向き合い具合と練習頻度って、さすがに僕も3年も見てればいい加減わかる。じょにー兄弟は残念ながらスケボーガチ勢になるタイプではなかったので(これは親の原因でもありますけどね)、まぁ本人やりたいなら全然嬉しいけど出たくないなら出なくていいと思ってる。

と言うか諦めてる…。

そんな心境の時に開催告知のあったミニランプの大会「FunRideCup」。

よく行くスケートパークでの開催だし。「親子クラス」という珍しいカテゴリーが!

うむ!

じょにー兄弟単体で戦わせたらとても勝ち目は無いけど「親子」となると参加者が限られるから僕が頑張れば上位入賞いけるんちゃうの!

正攻法で勝てないなら競合の少ない分野を攻めるのは戦の常套手段デス。

僕「よーし!行くぜ!じょにー!じょに次郎!」

じょに次郎「おらでなーい。次おにーちゃんの番だよー。」

僕「・・・。」

そうですかそうですか、じょにーさん、とーちゃんと二人でがんばろうな・・・。

インフルエンザ来襲

とりあえず大会2週間前の週末、僕に何が出来るだろうとルーティーンを考えてDrivEで練習。

 

この270ストールからのキャブブラントをメイク出来るように…と…思ったけど…

結局この日は2時間ちょっと練習して成功したのはわずか2回…。

こんなメイク率じゃあかんけど2週間あればなんとかなるかなーと思ってたのですが…

この日からじょにーさんはインフルエンザでダウン。
遅れて水曜日頃に僕もダウンという事で、2週間あった準備期間もほとんど倒れて過ごしてまともに練習できたのは大会前日土曜日だけ…。

そしてその土曜日も1時間くらいトライしてたけど270ストールからのキャブブラントは1度しかメイク出来ず…orz

出来る気がしねぇ…(=w=;

結局諦めて出来る技でいろいろ1時間半くらい流して、これ以上練習しても翌日足が動かなくなってもまずいので、まぁ…

なるようになるだろw と思って諦めました(笑)

実力以上のものは出ません…

 

さて、当日、朝9時受付開始して〜・・・

FunRideCup 開会式

この日のクラス分けはオープンとレディースと親子の3クラス。

オープンが一番奥の100cmのランプで、レディースと親子は一個手前の90cm。

FunRideCupオープンクラス

出番デス

さて、オープンクラス予選、レディースクラスが終わって、僕らの出番です。

親子クラスは90秒の持ち時間で適当に交代。一人あたり45秒の計算ですね。

僕としては出来もしない大技は諦めて普段やる普通の小技で行こうと思ったのですが…

まぁミスるミスる…。

普段失敗しないようなフロントストールやフロントスミス失敗するとか、もうグダグダ…。

いや、

うん、

これがホントの実力ですよ(;w;

インスタとかたまたまメイク出来たものをアップして、それを見ちゃうから上手くなったように勘違いしちゃうけど、全然ダメだな〜って思い知りました…orz

まぁ….あまりに無様すぎてアップしたくないんですけど、ブログ的にはそれでは記事が成立しないので一応アップします…(=w=;

無様すぎる…orz

我ながら下手すぎて凹みますがこれが現実…。

3位入賞

で、結果は…

 

なんと3位!

 

すごー!

と…

思ったあなた。

騙されてはいけません!

なんてことはない…。

エントリーは4組です(=w=;

滑りの内容からして順当すぎてぐぅの音も出ないw

むーん、あの出来栄えじゃそうなるよな・・・。

順位以上に自分で最低限想定してた滑りが出来なかった事の方が悔しいです。
そしてスケボーも3年経ったのにこのレベルでしかない自分が想像以上にふがいない…。

次はしっかり練習して頑張りたいです!

まぁとは言えね、エントリー数はさておき「3位」という事で賞状をじょにーさんの渡してやれたからまぁよかったのかな(笑)。

FunRideCup 3位 賞状を受け取るじょにーさん

 

親子クラスはとても素敵だと思う

この親子クラスってすごく良いと思います。はじめたばかりの子どもも出やすいし、子どもと一緒にはじめた親も出やすい。

子どもに

「おまえ大会出てこい」

じゃなくて

「一緒にでようぜ」

って言えるのは凄く素晴らしいなと。

今回は結局じょに次郎さんが出なかったわけだけど、普段は練習中喧嘩になるじょにー兄弟でも同じチームになれば一緒に応援して仲良く家族の結束を固める事も出来ますしね。

って書いたけど…

今僕の脳内で、

じょにー「次郎がミスったから負けたんだぞ!」

次郎「おにーちゃんだって簡単なやつしかやってないくせに!( ゚д゚)」

と敗因の押し付け合いをする醜い兄弟の姿が想像出来てしまいました…(=w=;

いやいや、うん、ホント今回4組しか参加しなかったけど、DrivEに来て親子で滑ってる人もっと多いので、全然もっとみなさん出てほしかったです。

たぶん、親が出るつもりでも子が出たくないって言ったり、子が出たくて「おとーさん(おかーさん)出ようよ!」って言ったのに「いやいや、おとーさん(おかーさん)無理よ!」って言ったケースもあったと思うんですよ。

だがしかし、おとーさん、おかーさん、待って欲しい。そこは出ようよ。

インターフェイキーしか出来なくたっていいじゃない。

いや、ドロップインしか出来なくてもいいじゃない。

子どもが「でようよ!」って言ったら是非出てあげてください。

謝辞

体調不良で事前練習が思うようにいかず納得のいく滑りは出来なかった事が悔やまれますが、何はともあれ今回大会出られてとてもよかったと思います。

みんな頑張って滑ってて、スキルのレベルに関係なくみんな応援してて、僕みたいなおっさんでも応援してくれて温かい大会だったと思います。

今回体調不良もあって僕も事前にブログで宣伝とか出来てなくてすみません。

主催の @yuzuking_funride さん、会場のDrivEさん、 協賛各社さんはいろいろ賞品を出してくれてて、スケートボードシーンを盛り上げるのに貢献してるなーと感じました。

ありがとうございました!また次回楽しみにしています!

次回が気になる方は @yuzuking_funride さんのインスタアカウントをフォローしておくと良いのではないかと思います!

 

更新をお届け!

この記事を書いた人

ヒデ
ヒデスケート歴約3年
40歳からスケートをはじめた中年スケーターの イシカワ ヒデカズ です。子供と一緒にスケボーしてます。
長男:じょにー(8歳)
次男:じょに次郎(6歳)

スケーターの友達や子供へのプレゼントにいかがですか?

このウェブサイトの『HOW TO』で活躍している『紐スケーター君』のオリジナルグッズが登場!

受注生産ですのでちょっとお値段が高いですが、スケーターの友達や子供へのプレゼントにもお勧めです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。