おねーちゃん大好きじょにー君

今年からは会社の時間帯が少し変更になった都合上、平日でも自宅から近いHi-5ならちょくちょく連れていけるようになりました。

そんなわけで一番低いミニランプで練習していると・・・

「おとーさーん、ぼく隣(100cmのミニランプ)で練習したーい」

と言い出す・・・。

いや、キミ、未だにテールロックですらこの有様なのに・・・。

パンピングの流れの中でテールをタップする事は出来るけど、きっちり止まりきろうとすると意識がそっちに持っていかれて全然ダメダメ・・・。

それなのに生意気にも100cmのランプがいいだと!?

おまえ・・・

どうせ・・・

| ̄ ̄── ̄ ̄)隣のおねーちゃんと滑りたいだけだろう!

いやー、年代の近い子と一緒に滑りたいのはわかるけどさ、ガチで練習してる子に邪魔になるから、一緒に滑りたかったら迷惑かからないようにもう少し上手にるために練習頑張ってくれるといいんだけど・・・。

常連のおねーちゃんに教えてもらうじょにー

常連のおねーちゃんに指導を受けるじょにー

いつも不真面目じょに次郎・・・

じょに次郎はと言うと、既に相当ドロップインの練習してるんだけど、未だに一人でドロップインしてくれない。

やはり以前一人でトライしようとして失敗した記憶に残ってるんでしょうな(=w=;

そしてドロップイン後はしっかり体重をかけて漕ぐ事が少しだけ出来るようにはなってきたんだけど、・・・

ご覧の通りドロップインした後に安定したら手足ぶらぶらしたり、滑りながら寝るフリしたりして、「うわーw」って自分からべちゃって転んだり・・・

いやー、次郎君!スケート楽しそうでとうちゃん嬉しいよ つwT)

更新をお届け!

この記事を書いた人

ヒデ
ヒデスケート歴約2年
40歳になって真面目にスケートをはじめた中年スケーターの イシカワ ヒデカズ です。子供と一緒にスケボーしてます。
長男:じょにー(7歳)
次男:じょに次郎(5歳)

スケーターの友達や子供へのプレゼントにいかがですか?

このウェブサイトの『HOW TO』で活躍している『紐スケーター君』のオリジナルグッズが登場!

受注生産ですのでちょっとお値段が高いですが、スケーターの友達や子供へのプレゼントにもお勧めです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。