アクセルストールは上半身でメイクする

アクセルストール

ようやく肩の怪我も足の怪我もほぼ直って、傷めた部分を気にせず滑れるようになったので DOG BOWL に練習しに行って来ました。

着いて早々ミニミニランプで他の人に混じって練習開始するも・・・

アクセルストール全然出来ない…orz

後ろのウィール(タイヤ)がコーピングまで届かなかったり、まるっきり上達してない。

そこで、以前

「ターンしないでまっすぐそのままコーピングを越えてプラットフォームに乗り上げる練習して、そこでリアのウィールが乗り上げる感覚を掴んでから身体を回転させる練習するといいよ」

というアドバイスを貰っていたので、以前もやってたんだけどまずは乗り上げる練習。

で、乗り上げようとして真っ直ぐ乗り上げるのはできるけど、
そのタイミングでデッキを回そうと意識すると、届かなかったり、回り切らない。

何かちょっとね、心が折れそうになりましたわ。

みなさんご存知の通り僕はもう何ヶ月も前からアクセルストール練習してるのに、未だに安定してメイク出来ない状況に結構凹みます。

なんだろうなーと思って、他の人のフォームを思い浮かべてると、みんな両手を広げてバランスをとってる事に気付いた。

あぁ、そうだ。スノーボード覚えた時は上手い人フォームを真似てすぐできるようになったので、上半身のフォームを真似る事を意識してやったら・・・

きれいにキマった!

駆け上がってコーピング上で両手を広げて上半身を回転させてコーピングと両手を並行にする感じ。

下半身回すんじゃなくて、上半身を先に回すと自然に下半身がついてくるのね。

前回のと比べてみます。まずは前回。

下半身を先にまわしてコーピングにかけてるけど、上半身は回りきってない。
下半身も結局回りきれてないから横に流れる。

続いて今回

上半身から回して両手をコーピングと平行になるように広げる事を意識したら、下半身がキレイに回ってコーピングの上でピタッと止まれるようになりました!

改めて見比べると安定具合が全然違う。

とは言え、まだ勢い余って身体がデッキからプラットフォーム側に落ちてしまったり、上半身が回りきらなくて今まで通り横に流れてしまったりという失敗も多いので、安定してメイクできるようになるにはまだ練習が必要な状態。

まぁよくよく考えれば前回から3週間で進歩がなかったというけど、その間ストールの練習ほとんどしてないからそりゃ進歩するわけないよね…

スケボーって僕みたいにちょっとずつしか上達しなくて結構歯がゆい思いをしてる人も多いと思いますけど、お互い諦めずに頑張っていきましょう!

更新をお届け!

この記事を書いた人

ヒデ
ヒデスケート歴約1年半
40歳になって真面目にスケートをはじめた中年スケーターの イシカワ ヒデカズ です。子供と一緒にスケボーしてます。
長男:じょにー(6歳)
次男:じょに次郎(4歳)

このブログのテンプレートを販売開始しました。

ええと、わたくし本職はウェブ制作者なのですが、このブログで適用してるWordPress用のテーマの拡張プラグインを販売開始しました。

もしこのブログの読者さんで、ブログやウェブサイト制作やってるよという方がいらっしゃいましたらご検討ください。

※イベント管理機能などは含まれておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。